読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀魂(ぎんたま)実写化でガ然読みたくなった!そのあらすじは?

銀魂、だいたいこれが『ぎんたま』とよぶことさえ知らなかったわけですが、ウィキでストーリーを調べると興味わいてきますね。

SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画。作者はこの作品の属性を「SF人情なんちゃって時代劇コメディー」と表現している[5][6]。単行本は2016年5月現在、第64巻まで刊行

宇宙の知的生物天人(あまんと)諸族によって開国を強要され、銀河文明が導入された江戸のかぶき町を主たる舞台とする物語である。
本作で描かれる江戸の風景は、木造の長屋が立ち並び、着物を纏って髷を結った者達が行き交うという時代劇らしい物が目立つが、その一方で携帯電話・電子レンジ・テレビ・コンピュータゲーム等、科学技術の産物も登場している。これらの科学製品は多くは現代的な物だが、宇宙船・アンドロイドなど未来風の物も含まれており、サイバーパンク的な事件に見舞われる事もある。

 

キャスティングも小栗旬、菅田将暉、柳楽優弥とかイケメン続々。

まずは空知 英秋(そらち ひであき)の原作読みたいかも。



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。